<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




暑さのせいじゃない

この暑さ・・・文章がかけない・・。
(暑さのせいにするな~←もう一人の自分)
この「バクつれづれなるままに」1週間以上あいたことはなかったのに、、、愛読者(?)から「どうしたん?病気?」なんてご心配かけちゃってます。

大丈夫です。ただ、パソコンに向かう時間が極端に減り、メールチェックだけで精一杯の日々なのでした。余裕、ゆとりって大切ですね。焦っていい仕事はできません。連日の睡眠不足がたたり、、、目にはクマを飼ってるし、偏頭痛も・・・。

物忘れが激しくなった自分のタメに、先週からの出来事を少し振り返ってここにメモっておきませう。手帳を見ても、何を書いてあるのか解読できない情けない状態なので・・・。
■6月18日(土)
母恵夢BAKUデビューしました。(大田・あすてらすフェスティバルにて)
直さん、夢細工綾ちゃんと3人で参加。フェルトボールでアクセサリー作り。
松江を7:00過ぎに出発、、かなり強行軍でしたが、収穫あり(勉強になった!)のイベント参加でした。三輪さん他、松江からの知り合いもたくさんのご来場でビックリしました。来年も出られたらイイナ。c0016212_2352170.jpg
木もれ陽広場のりっちんから『バク』の可愛いマスコットピンをいただきました。感激~♪バクグッズをどんどん増やしていこうよね。
希房さんからはモンモリナイトせっけんをバースディプレゼントにって・・・。磨いて磨いて美しくなりたいです。有難うございました。
7月30日(土)“ええなあカワモトまつり”で『木もれ陽フェスタ』としてフリマなど楽しい企画をしています。そのPRも兼ねて、谷口さんとチラシを配りました。

夕方~2月から実行委員となって関ってきた映画「掘るまいか」チャリティ上映会に駆けつけました。午前中のあすてらすフェスでも夜の映画チケットを売る!というド根性。その方は小学生、高校生を連れて観にきてくださいました。とても嬉しかったです。
「山古志村」復興の支援に少しでも役立ちたい・・・川本町でもこの映画会を開き、多くの方に
映画を観ていただきたい・・・江の川の氾濫・水害から立ち上がってきた私たちも多くの全国からの支援があってこそ・・・今こそ恩返しの時ではないかと思うのです。
他人の心配をしてる場ではない、、、という声をきくとすごく悲しくなります。自分が大変な時でも少しでも力になれること・・・それはひいては自分のためだと思うのですが、これって打算なのでしょうか?打算だろうが、売名行為だろうが、、、困っている人に喜ばれる、必要とされるのならば、それでいいのでは?という私の考えです。
今回の映画会取り組みを通して、一人ひとりの力は小さいけれど、一つになると大きい!と実感しました。元村長・酒井さんの村民を想う気持ち・・・なんて謙虚で大きい方なんだろうと感動しました。また新潟へボランティアで入った学生さんの真摯でひたすらな気持ちにも心が洗われました。

■おやこ劇場地域公演~~つっかけはいて行けるところ、そこは身近な劇場に!
平常さんの「よだかの星」に続き、つげくわえさんの人形劇が松江にやってきました。
23日は、生馬公民館で親子(2歳以上)対象に「かくれんぼしてるのだあれ」を観劇。
テレビ、ビデオ漬けの子どもだったけど、今日の笑いは違う・・・やっぱり生はイイ!と、若いお母さんが感動しておられ、それを聞いてスタッフ一同『やっぱりやってよかった・・・』と。
前日まで親子20組くらいのチケットしか売れていなくて。。。交流会用のカレーも50食で十分足りるねって言っていたのに、当日じゃんじゃん!!!大人70人子どもも50人近くの入りで嬉しい悲鳴でした。
24日同じ松江一中校区内の城西公民館にて、つげくわえさんの『うみはぷくぷく』を観ました。幼稚園、小学生のノリがとってもよかったです。なんとも言えないほんわかした空間・・・本当は全ての子どもたちに提供したい・・・。

■スマトラ沖地震後、託児所建設で頑張ってる中川俊介さん(川本町出身)からメールが届きました。託児所は随分早い段階で完成したそうです。
  『もうすぐ津波後半年になりますね。
   みなさまには、ご協力していただき感謝しております。
   このたび、縁があり26日の7時のNHKニュースに私の今している活動を取り上げて
   もらいます。取材は昨日で終わりました。
   今こうして活動ができるのも皆様のおかげです。      中川俊介』

ということで、 26日(日)7時のNHKニュース、皆さん見てください。
[PR]



by poem89 | 2005-06-24 23:59 | 日々の出来事

近況

ええなぁカワモトまつり(7月30日)に木もれ陽広場さんと一緒に悠邑(ゆうゆうふるさと)会館で
イベントします。【木もれ陽フェスタ2005夏】~光と風と音の中で~夏だけでなく、これから定期的に開催していく予定。
フリマ、手づくり品の展示・販売 手づくり体験コーナー
地元産野菜販売 手づくりパン(バクパン作りた~い!!)クッキー販売
紙芝居など一日キッズコーナーあり。
詳しくは木もれ陽広場さんHPへ

その前に6月18日(土)あすてらすフェスティバル(大田)があり、母恵夢BAKUとして初めて参加します。この日を母恵夢BAKUデビューの日とします。46歳のMy Birthdayでもあるので(*^^)v
今日は、そのワークショップの準備をバクスタッフのKimちゃん、Naoさんと午後4時間がんばりました。そして今夜~急ピッチで作品づくりに入ります。パネルやチラシなどもこれからです。(焦)
18日は、工房・母恵夢の営業日と重なってしまい、川本の方は、母一人となります。
草取り、草刈り、梅とり、じゃが芋掘り、、、目のマワル忙しさですが、身体が動くうちはしっかり働きたいと思います。とは言え、そろそろ人生の折り返し地点。逆算して、何ができるか?考えた時、本当に今のままでいいのか?何か大事なこと忘れてないか???って思います。
人生いろいろ、、、遠回り、挫折、空回り、、、それでも悔いはなかったって言える人生を送りたいです。ころんだら、起きればいいだけのことですよね。

昨年から毎週のように松江と川本を行ったりきたりしています。(来週19日は、クリーン松江(一斉清掃)&地区PTA活動のため川本へは帰られませんが)その通いの中で、昔お世話になった方々、新しく知り合いになった方々、本当にいろいろな有り難い出会いをいただき、新しいムーブメントもでき、自分の中での支えとなってきています。

6月10日(金)は、「川本町読書ボランティア連合会」の総会にて松江での活動の様子など私の体験を紹介させていただきました。
私が初めて読み聞かせをした小学校6年の時のこと、その担任の先生から教わったことなど・・・話はズレてしまったのですが、川本での『根』があって、周囲の環境(人も含めて)に育てられ、今があるという感謝の気持ちを伝えたかったのです。

再度、その時紹介した『女のひとり言』 を掲載します。(2002年2月山陰中央新報より)

  「脱皮」と「おかげ」

 胸がキューンと熱くなる別れのシーズンが近づくと、小学校卒業式の日の先生のお言葉が昨日のことのように思い出される。担任だったその先生は三年前お亡くなりになったのだが、私たち教え子にされた最後のお話は、三十年たった今でも深く心に残り、生きる力を与え続けている。
 式後、教室にもどってみると、先生の目には涙がたまっていた。シーンとなった卒業生を前にゆっくりと大きく「脱皮」と黒板に書かれた。セミの脱皮を例に古いものを脱ぎ捨て新しい世界へ飛び立とうとする成長の喜びを表現されたのだ。また、「おかげ」ってどういうことなのかを一人ひとりに考えさせられた。もうすぐ中学生になろうとしていた私は親に対して素直に感謝の気持ちを表すことができない反抗期?の中にいたので、親や先生方、周囲の方々の支えがあってここまで成長できたということをすんなり認められずにいた。感謝しなさいと強制されているような気がしたのだ。振りかえると恥ずかしくてたまらない。
 卒業後、この「脱皮」と「おかげ」はずっと私の胸の奥につっかえていて、先生からのメッセージの意味を繰り返し探っていたように思う。昨日より今日、今日より明日、一つでも何かが出来るようになったり、生活の中でちょっとした新しい発見をしたり、成長していけることは本当に有り難い。そしてその成長には必ず周囲の人との関わりがあり、支えがある。「おかげ」があって「脱皮」していけるのだと素直に感じられた時、大きな声で叫びたくなった。
「先生、生きる力をありがとうございます。」             母子草
[PR]



by poem89 | 2005-06-15 21:46 | 川本

グミの実

c0016212_23392661.jpg
相変わらずバタバタの日々を送っています。
心までは失いたくないと・・・庭に目をやるとビックリグミの実がたわわになっているではありませんか!
もう子どものように木に登って必死で採りました。
子どもが小さい頃は、近所の子も集まってグミの木の周りは賑やかだったなぁ。。

この木、私が高校時代下宿していた伯父さんの家の庭にあったのをいただいたもので、
結構古いけれど、毎年、毎年、ビックリするくらいの大きな実がたっくさんなるのです。
伯父さんは3年前に、そしてこの木を植える時一緒に手伝ってくれた父も7年前に亡くなりました。毎年ビックリグミの実がなるこの時期、可愛がってもらった伯父さんと父のこと懐かしく思い出します。

そうそう、モンモリナイト手づくりせっけんの希房さんの「kimikoのひとりごと」にもグミの実をみつけました。希房さんとは、3月の「ふるさとナチュラルフェア」にて出会い、先週、桜江サロンで再会。
しばしお話ができ、とっても幸せな気持ちになりました。出会いが出会いをよんで。。。。。ホント、毎日がワクワクドキドキ!6月6日はグミの日みたい・・・なんて素敵!

わ、日付が替わった!6月10日は確か「時の日」。
時間を大切に・・・デスね。1秒、1秒、、、決して後にはもどらない。
悔いのない人生を送ろう~と言い聞かせるのでした。
[PR]



by poem89 | 2005-06-10 00:25 | 日々の出来事

しなやかな感性

今夜は【平常】(たいら・じょう)さんの人形劇「よだかの星」です。
おやこ劇場松江センターの地域公演(高学年向き)として取り組み、
すでにチケットは200枚以上売れています。

昨日の夕方急遽、事務局から要請があり、人形制作のお手伝いに・・・。
平常さんの「素」に出会えました。
とっても気さく、話しやすく、誠実、優しさが表情からも漂ってくる方です。
わが子のような年齢(23歳)なのですが、すでに人形舞台歴10年とのこと。(19歳でプロに)
人形劇の基本である身体の中心移動のしなやかさ!今夜の舞台が楽しみです。

「いっこく堂」さんをおやこ劇場で例会としてとった次の年~大ヒットしましたが、
平常さんも、これから人形劇界のホープ、新しい世界を創っていかれることと思います。
持ち運び用の裁縫道具箱、裁ち切りハサミには小学校時代のシール「平 常」が・・・本名なのですね。
いい名前です。じょうさんファンになりました。
飯田人形劇フェスタにも行きたい・・・長年の夢です。
[PR]



by poem89 | 2005-06-03 08:06 | 日々の出来事

歯が抜けた

歯が抜けた夢を見ました。
ジョリジョリって不気味な音をたてて、全部抜けてしまったんです。
わっ!と目覚めて、自分の歯に手を当てて、「夢だったんだ~」とホッとしました。

今年に入って、夢なんてほとんど見たことなかったのに(忘れてるんでしょうが)
近年にないイヤな夢です。
昔からあまり良い夢ではないと言われています。病気への警告、自信喪失、、、あぁ、やっぱり??
とらえようによっては、現況からの脱却願望を意味したり、新しい世界への挑戦・ステップだったり、と生活環境の変化をあらわしているらしいです。

今夜は高校時代の友人が香港に転勤するとのことで、送別会に!
30年近く会ってない同級生も集まるとのこと。。。楽しみなようなコワいような!?
[PR]



by poem89 | 2005-06-01 15:49 | 日々の出来事

夢にむかってバク進するバクの日記
by poem89
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

検索

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧