<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧




ボランティア人生の原点?

昭和47年 川本の大水害は、もう30年以上昔の出来事なのに、鮮明に覚えています。

当時中学1年生、7月11日からの集中豪雨~そのまま夏休みに入りました。
床下、床上浸水は年中行事だった川本町。
慣れているはずの2Fへの荷揚げ作業ですが、その年は、あまりにも急に水かさが増し(ダムの放流により)しかも深夜だったので、まさに「寝耳に水」だったのです。

降り止まぬ雨音で寝付かれず、朝がた、トイレにいこうと階段を降りようとしてゾッとしました。階段がないのです。水がすぐそこまできているのです。

『島根・川本町が道を寸断され孤立』というニュースが全国を駆け巡っていました。
(後で知ることですが)
自衛隊が派遣され、救援物資が全国から寄せられました。
舟を使って各家に「おにぎり」が配られ、2Fから手を差し出して受け取る・・・
何も入っていない塩おにぎりでしたが、その時の味もしっかり覚えてます。
しょっぱく、おいしかった!近隣で炊き出しがあったとのこと。コンビニはないですから・・・。

暴れん坊の中国太郎こと「江の川」の周辺の人々は何度も何度も水害に遭いながらも、力強く復興に力を注いでこられました。私の住む多田という地区も、今年、やっとのことで水防事業に目処がつきます。
我が家も、もう水害を心配しなくてもすみます。有りがたいことです。

ただ、気がかりなのは、堤防をつくり、護岸を整備したことで、生態系に変化がおき、鮎がとれなくなったこと。
山からは、イノシシやサルが降りてくるし・・・。せめて、環境に負荷をかけない生活をできるだけ心がけたい・・・今までやってきたこと、ごめんなさい。

話はそれてしまったけれど、、、、、
そう、大水害の時に受けたあたたかい励ましの言葉や支援。
今一度思い起し、今、全国で援助の必要な被災地に何ができるのか考え、行動していきたいと思うのです。
お互い様の気持ち、カタチにして届けたいです。
困っている人には手を差し伸べる・・・あまりにも当然、自然なことですよね?
[PR]



by poem89 | 2005-02-24 23:12 | ボランティア

あれこれ

1週間があっという間です。特に今週はバタバタでした。

いつもバタバタの私は、ちょっとテンポが狂うと(スローになると)途端に
疲れが出てしまう悪いクセがあります。でも、本当は疲れを出して、しっかり休むってことは
次の動きのため、明るい将来のためにスゴク大事なことなんですね。
深呼吸して、スローライフでいこうよ!という声と、今やらなくっちゃいつやるの、とにかくスピード命!というもう一人の声。バランスが大事なんだと思います。

今日、息子は木空風さんで、「マキ割り」を経験させてもらいました。昔は我が家も
薪を風呂焚きに使っていたのですが、マキ割りはやったことありませんでした。
Hさんに手ほどきを受け、なんとかサマになり、戦力になったようです。しばらく左手が笑うと言ってました。力の有り余った高校生に、マキ割り体験はいいかもなぁ、、、と思いました。
今度は友達を引き連れて来るって・・・。

コレ、15日火曜日にotachanが焼いたパンです。
メロンパン、ロールパン、ハムマヨパン、マヨネーズロールパン、、、、、どれも
本当に美味しいのです。自動発酵器を購入して益々腕に磨きがかかってます。
パン屋さんへの道、がんばってね。
c0016212_0204090.jpg

[PR]



by poem89 | 2005-02-19 00:58 | 日々の出来事

電車とバスで

10日の午後、久々に電車とJRバスを乗り継いで川本へ帰りました。
山陰線は、アクアライナー(快速)で大田まで乗ったのですが、連休前のせいか、2両とも満席、立っている学生もいました。
車だと2時間ちょっと。。。普通は、電車の方が早く着くはずなのですが、連絡が悪く、松江から家まで3時間以上かかりました。
1本はずすと、1時間以上待ち・・・公共交通機関を使いたいけれど、急ぐ時はどうしても車になってしまいます。田舎では一人に一台必需品となっています。一家に一台軽トラも必需かも・・・。
昨年のガソリン代を合計してみるとなんと38万円を超えていました。1ヶ月3万以上(@_@;)
これは、かなり痛いです。それに、CO2をどれだけまき散らしていたんでしょう?

限りある資源、、、我が家の家計のためにも、人類のためにも節約しなくっちゃ!と思った次第です。

話は、電車に戻りますが、
松江駅から、いつもお世話になっている公民館のWさんと一緒になり、ず~~~~っとおしゃべりし、ふと気が付いたら大田でした。
普段ゆっくりお話したことがなかったのですが、子育て時代のこと、人生観などなど、
貴重なお話をたくさん伺い、とってもHAPPYな気持ちになりました。
電車に乗ってよかった!ご一緒できてよかった!とつくづく思いました。

満席だった山陰線からJRバスへ(広島行き)乗り換えると、
大型バスなのですが、乗客は私を入れて5人、私が降りた時は3人、、、終点広島までは???
走らせるだけ赤字となる路線、これからどうなるんでしょう?寂しい気持ちでバスを見送りました。
[PR]



by poem89 | 2005-02-14 22:06 | 日々の出来事

春の海♪

今日は「日本の音楽」という小学校6年の授業で、箏とフルートによる「春の海」を演奏しました。
久々の緊張感、手に汗が・・・!原曲は尺八ですが、同じエアリードの楽器で、箏との相性はよかったです。
デキは、多目的ホールの音響に助けられ、気持ちよく演奏でき、何はともあれ、終わってホッとしています。
お箏の三人は、着物姿で和の雰囲気バッチリ!子どもたちもうっとり。
また実際に弦に触ったりする時間も設けられ、さらに生の体験アップ!です。

折角、練習したんだから、、、と(完全に自己満足の世界!)午後は、忌部にある茅葺屋根の木空風さんへレッツラゴー!今は陶器制作期間中とのこと。松江にこんなのんびりしたとこがあったの?っていうくらい素敵なところです。さすが高原忌部です。雪が所々残っていました。

オーナーIさんの息子さんが来月結婚されるとのこと。ちょうど花嫁さんになられる方が
記念品の器を創られるとのことで、ご両親と来られたので、急遽ささやかな♪おめでとうコンサート♪開催。
二箏による「桜舞曲」とフルートとの「春の海」を聴いていただきました。
めでたい旅立ち・・・末永くお幸せに(ハート)

その後、皆さんとのおしゃべりにハナが咲き、あっという間に時間が経ちました。
S47年の大水害の話、スマトラ津波被害のこと、中学校の英語の先生の話、全国高文祭、
人形劇の話、、、そして人間関係(?)・・・皆どこかで必ずつながっているという話。
ホント、悪いことはできません(~_~;) いえ、悪いことはしてないんですけどねっ???

Iさんは、12日(日)の松江暖談(だんだん)食フェスタで『シシ鍋』を出されるとのこと。
午前は私の妹が味チェック(?)の手伝いに行くそうなので、私は午後の部の盛り付け方・片付け方の助っ人に参加させていただきます。
Iさん、私がシシ(猪)って知っておられるのかしらん?
c0016212_23422493.jpg

[PR]



by poem89 | 2005-02-08 22:17 | 日々の出来事

SACHIKOさん

SACHIKOさんのHPの日記に私のことが書いてありドキッ!「バクつれづれなるままに」の愛読者だなんて。。。 はりきって綴りますデス。

いつからのお付き合いになるのでしょう?
私が浜田から松江に引っ越ししてきたのが1989年、
三番目の子の出産後、体調を崩した頃(日光アレルギーやらアトピーやら)だったかもしれません。

長年、安全な食や環境問題に真正面から取り組んでおられたグループが「たべものの会」だったのです。
SACHIKOさんは、私が入会した時からすでに事務局長だったような・・・。
私(20代後半の若い母親でした)は、食べ物は生命の源、元気のもとなのに、なぜそれが原因で病気になるのか?不思議でたまらなかったので、いろいろな学習会に参加させていただきました。また、安全・新鮮でおいしい食材(生産者の顔が見えて)が手に入るのが魅力でした。

一番楽しく思い出深かったのは、仁多の山奥・放し飼いのニワトリの世話に家族で行ったことです。
「ニワトリ」から学ぶことは多かったです。あの産み立ての卵の温もり、感触は子どもたちも
忘れないと思います。帰りに大東町(雲南市)の桂荘の温泉で汗を流したのもいい思い出です。

SACHIKOさんはいつ勉強しておられるのか?専門的なことよく知っておられるし、また署名集めて陳情に行くなど、、、ホントあのバイタリティはどこから?といつも思っていました。学校給食のこと、遺伝子組み換えのことなどの勉強会、講演会、そして映画会といろいろ関ってきました。
私も「学習係」を任ぜられ、「そば打ち」「キムチ作り」「水ぎょうざ作り」を企画したことありました。会員さんとの食べる交流はとても楽しかったです。

しかし正直、政治がからむことは避けたいな~面倒だわって思っていたのです。
ズルイですよね・・・。私達の生活と政治って切り離せないのに!!
そんな私を責めるでもなく、一貫して弱い者の立場から市民活動を続けておられるSACHIKOさん。
これからもお身体を大切に!ご活躍をお祈りしています。
川本にも是非「バク」を見に来てください。
[PR]



by poem89 | 2005-02-07 21:18 | 雑感

嬉しい春

午前中は、だいこん座メンバー7人と人形劇練習・・・と言っても、
稽古より喋る方が忙しい(@_@;)皆、個性的で、愉快な仲間です。アバウトで度量が大きいのが自慢かな?
今月の出番は4回、寒さに負けずオバサンパワーで頑張りたいです。

午後は琴の先生宅でフルートの猛練習♪
来週、6年音楽の授業で「春の海」を生演奏をすることになっているのです。(汗タラリン)
久々の楽器演奏に緊張しそうです。子ども達の耳は確かです。
実は昨年から少しずつ練習はしていたのですが、日によってデキが違うんです。ムラがあるんですね。本番まであと5日、、、一日30分は練習します(宣言!)

そして夕方からは、「バク」製作スタッフ全員との初顔合わせミーティングでした。
OTACHAN、YUKARIさん、NAOさんの3人はそれぞれ接点はあるものの、こうして4人で顔を合わせて「バク」について話すのは初めてなのです。

プランを思いついて5ヶ月・・・。
夢中で走ってきたけど、一人じゃ煮詰ってしまいます。パートナー、仲間が必要です。
引っ張ったり、押したり、つついたり、冷静に判断したり、笑い飛ばしたり・・・・
あ~、やっぱり仲間がいるって有り難い!心強い!勇気100倍です。
OTACHANの焼いたメロンパンをほおばりながら、「バク」を広める作戦を練りました。
できるところから一歩一歩実行あるのみです。

あ、メロンパンですが、ものすごく美味しいのです。そこらへんのパン屋さんには絶対負けてない!子ども達も絶賛です。食パンは添加物一切なし、食感がいい、飽きません。
『バクバクパン』を世に売り出す日が待ち遠しいです。

ところで、
長江寺の「獏」の木枕を見たこともなければ、川本に行ったこともない・・・
これではビジネスアイデアも今一つ・・・それじゃ、まずは、【川本ツアー】だねってことで、お泊り計画を立てることにしました。
ワクワクバクバクの嬉しい春です。 そう、明日はもう立春です。
[PR]



by poem89 | 2005-02-03 22:38 | 雑感

バクオーライ!

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、、、ホント毎日が駆け足です。(今日からデス・マス調!)昨日は腹痛で仕事を休みました。働かない分、その日の現金収入がない身です。健康管理も仕事のうちなんですね(~_~;)早寝早起き規則正しい生活を心がけましょう~って、その時は思うんですけどね・・・。

私の周りにおられる起業家や、SOHO、自営業の方々は、見えないところで猛烈な努力をしておられるにもかかわらず、何もなかったかのように平然、泰然、にこやか・・・そのお姿に感動します。尊敬しています。少しでも見習いたいです。

体調を崩すと、弱気になり、「これからバクを広めていけるんだろうか?事業として成り立って
いくのだろうか?」不安になります。
今年に入って、しまね産業振興財団の「起業サポート」を受講し、専門家の先生からアドバイスを受けています。実際、数字を入れてみて、計画をたててみると、収益をあげていくことがいかに難しいことか、努力のいることか・・・ヒシヒシ感じています。

自信なくし、どうしよう?と思いますが、一晩寝ると、(昨日は8時間以上睡眠)
「困難あるから、進むんじゃん。使命感もってとにかく働かせていだこう~!」っと自分に
言い聞かせているのでした。この楽天的な切り替え(浅はかで無防備かも?と思いつつ)
が、今までの私を支えてきたのかな?と思います。
c0016212_13382341.jpg

とにかく『川本で豊かに元気で暮らしたい・・・バク夢ちゃんと一緒にね』
そのための努力は惜しみません。
バクオーライ!
■働く・・・ハタ(まわり)をラクにすること
■使命・・・命を使うこと
[PR]



by poem89 | 2005-02-01 13:45 | 川本

夢にむかってバク進するバクの日記
by poem89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

お気に入りブログ

検索

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧