にぃにのことを忘れないで

今年の24時間テレビで放送された『にぃにのことを忘れないで』。

人工呼吸器を外す場面からスタートしたのだが、
ドラマの初っ端から涙、涙、、、 
見終わった今も、グシュグシュで、、、胸が一杯だ。

15歳で脳腫瘍を発病し、23歳でこの世を去った「にぃに」こと川上浩輔君の8年間の闘病実話をもとにした物語。
命って? 愛って? 家族って? 生きる意味は? この夏一番心に残るドラマになりそうだ。

「にぃに」こと23歳で他界された川上浩輔さんと我が息子(今年就職)は、
同じ年代ということで、他人事とは思えず、ずっしり重く「問いかけ」が心に突き刺さった。

その問いとは、
「何のために生まれてきたの?」 

半世紀、生かされ生きてきた私、今まで何度か問いかけては、
その時の自分なりの「コタエ」を出していたツモリ・・・。

そして、今夜、このドラマを観て、もう一度、真剣に、深く、考えてみたいと思った。
生と死~誰もが平等に立ち向かうものだから・・・


このドラマを世に送り出してくださって
有難うございます。感動をありがとうございます! 
[PR]



by poem89 | 2009-08-30 00:35 | 日々の出来事

夢にむかってバク進するバクの日記
by poem89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

検索

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧